相同染色体と二価染色体の違い | 減数分裂

減数分裂について習ったときに、混乱してしまうのが「相同染色体」と「二価染色体」という生物学用語です。

この2つの違いについてわかりやすく解説していきます!

相同染色体(そうどうせんしょくたい)とは

ヒトの染色体46本

相同染色体とは、減数分裂のときに対合する染色体のことです。

有性生殖を行う生物は、同じ種類の染色体を2本ずつもっています。ヒトの染色体は46本ですが、23本を父親から、23本を母親からもらいます。

染色体は大きな順にならべて、大きい順に、1番染色体、2番染色体……と呼ばれます。

父親と母親の両方から染色体をもらうため、1番染色体を2本、2番染色体を2本……と22番染色体までそれぞれ2本ずつもっています。

この2本ずつの組み合わせの染色体は減数分裂のときに対合します。例えば、1番染色体と3番染色体が対合することはありません。

この対合する2本の染色体のことを「相同染色体」と呼んでいます。

対合については、下の記事をご覧ください!

二価染色体(にかせんしょくたい)とは

交叉の過程

二価染色体とは、減数分裂の途中で、対合した相同染色体のことです。

減数分裂の際に、染色体はDNA量が2倍になり、「X」の文字のような形になります。

このXの形になった相同染色体どうしが対合して、並んでまとまった4本足の状態の染色体のことを「二価染色体」と呼びます。

減数分裂で二価染色体は対合するのは、交叉とよばれる過程を行うためです。交叉とは、染色体がDNAを交換し合う「儀式」のことです。

相同染色体にはキアズマという染色体の「切れ目」があって、ここがクロスして、お互いのDNAを入れ替えます。

交叉によってDNAを交換するので、親とうり二つな子供は産まれませんし、生物に多様性が生まれます。

タイトルとURLをコピーしました